Yoichi Wyeth Suzuki Blog / 鈴木よういちの日々とか。



 さて、リットーベース(Rittor Base
 
サンレコやキーマガでおなじみ、リットーミュージックの秘密基地。
 Dirigent社がディストリビュートを行うイタリアの電子楽器ブランド・DEXIBELLの発表会に。


20190925_13-12-33_DSN00725

20190925_13-22-12_DSN00732

 デクシーベル。
 イタリアの新興楽器メーカーとはうっすら知ってたけど、かのローランド社が2013年に清算したローランド・ヨーロッパの元従業員たちによって設立された会社なんだとか。

 なるほど、スライドやコメントに登場した社長さんをみて思い出した。
 V-Accordionの開発者・ルイージ(LUIGI BRUTI)さんではないか!

 10数年前にローランドの社内でお会いしたことがあったと思う。東京だったか浜松だったか。


20190925_14-07-10_DSN00752

20190925_14-30-18_DSN00758

20190925_14-39-07_DSN00766


 FATARの鍵盤・24bit/48kHzの高解像度、音いいね。

 驚いたのは「音切れしない、無制限に発音する」ところ。

 ダンパーペダル踏みっぱなしの状態でハープのように広い鍵盤を上下にグリッサンドしても、一向に音切れがおこらない。

 ローランド風にあえていうならば「Patch Remain」てやつ。

 マルチコアCPUにより実現したと謳っていたが、どういう仕組みになってるんだろう?

 そのほかの機能はいまやソフト音源で実現するものばかりで真新しさは感じなかったが、でもハードウェアならでは;リアルタイムにエディット・コントロールできるのって、やっぱ便利かもね。

 こまかいところでは透明な譜面台がオプションで本体にビルトインできるあたり、イタリアンキーボードらしいなぁと😊


20190925_14-48-57_DSN00785

20190925_14-49-45_DSN00788

20190925_14-49-56_DSN00790

20190925_14-50-06_DSN00791

20190925_14-53-28_DSN00801

20190925_14-42-27_DSN00774


 個人的に注目しているのがホームユースタイプのVIVO H7。
 デザインがとても良さそう。

 
かねてから「電子楽器はデザイン的にもっと自由になるべきだ」とほうぼうで提唱しているけど、Dexibellはフェラーリのデザイン会社と提携しているらしい(ピニンファリーナ?かと思って調べてみたら、Q-IDというところみたい)

 H7の赤はまさにそれを彷彿とさせる美しいスタイリングだ。



 仕事の合間に駆けつけたので、ゆっくり過ごすことができず残念。

 でもひさしぶりに音楽・楽器業界の知り合いと会えたりして楽しかったー😊


20190925_14-51-25_DSN00793

20190925_15-06-16_DSN00834

20190925_15-06-00_DSN00831

20190925_14-52-40_DSN00798

20190925_15-06-50_DSN00838

 

 



 P.S
 ↓バッチリ写っておる。w
 たまたま隣席だった氏家さんに「美味しいごはん屋さん」教えてもらってる瞬間。笑




Yoichi Wyeth Suzuki
for booking and other matters

website, wyeth, profile, facebook, Instagram, twitter, blockfm


SEARCH IT
ADD IT
LINE読者登録QRコード
Yoichi Wyeth Suzuki(鈴木よういち)の日々をつづるブログサイトです。当ブログは1〜数週間ほど遅れて、かつ順不同に更新されます。アップデート情報はRSStwitterブログリーダー(LINE)などをフォローください。

当ブログおよびyoichi-suzuki.com内に掲載されているすべての文章・画像・楽曲などコンテンツ全般の無断転載・転用を禁止します。すべての文章およびコンテンツは日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

一部記事において、JASRAC利用許諾契約のもと楽曲の歌詞を引用・掲載することがあります。

取材・ブッキングなど各種お問い合わせはコチラまで。

Copyright 2005〜 Yoichi Wyeth Suzuki and yoichi-suzuki.com all rights reserved. No reproduce or replicate or republication without written permission.